社会

尿失禁が再生医療で改善 沖縄で初、前立腺全摘出の患者に成功 南部徳洲会など

尿漏れ改善の再生医療について説明する南部徳洲会病院の向山秀樹泌尿器科主任部長(左)ら=10日、八重瀬町の同病院

 南部徳洲会病院(八重瀬町、服部真己院長)やバイオベンチャーのフルステム(那覇市、千葉俊明社長)などは10日、前立腺を全摘出した後に尿漏れの症状がある男性患者2人に対し、皮下脂肪から抽出した幹細胞を使った再生医療を実施し、成功したと発表した。尿失禁に対する再生医療の適用は県内初。きっかけとなる前立腺がんの患者は増加が続いているといい、担当した同病院の向山秀樹泌尿器科主任部長は「尿漏れに悩む患者を再生医療で回復させたい」と語った。

 尿漏れは前立腺全摘出後に起こりやすい。膀胱(ぼうこう)の出口に当たり尿の蛇口の役割を果たす「尿道括約筋」が弱まることが原因だという。

 今回の再生医療は73歳男性に昨年12月、72歳男性に今年7月、それぞれ括約筋に幹細胞を注射する手法で実施した。その結果、73歳男性は術前に1日に11グラムあった尿の漏出量が、術後24週に2グラムへと82%減少した。72歳男性は術後4週間で30グラムから12グラムへ減った。

 向山医師は尿漏れを改善することで下着が汚れる問題のほか、いつ漏れるか分からない不安が和らぎ「心の問題の改善につながっている」と意義を話した。

 前立腺がん患者は増加傾向にあり、男性の10人に1人がかかるとされる。県内では年間90~100人程度が摘出手術を受けた後、薬物投与やリハビリテーションに取り組む。尿漏れが改善しない人が3~5%程度いるという。一方、今回の再生医療は軽症や中等度の患者を対象に行われた。向山氏は重症患者は一度の注射では改善しない可能性があるとし「(幹細胞を)培養して複数回打つと、改善してくれるかもしれないと期待している」と述べ、今後の可能性を語った。

 再生医療は県の「先端医療産業開発拠点実用化事業」の一環で行われ、2者と、再生医療専門外来をもつそばじまクリニック(大阪府)の3者による共同事業体で実施した。今後は、ひざの変形性関節症への適用も計画している。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス