政治

玉城知事「辺野古中断し対話の場を設けて」 首相に面談求める

記者団の取材に応じる玉城デニー知事=10日、県庁

 玉城デニー沖縄県知事は10日、第2次岸田内閣の発足を受け、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設計画を中断し、県との対話の場を設けるよう要望した。玉城知事は新型コロナウイルス対策を求めた上で、「辺野古が唯一の解決策との固定観念にとらわれることなく、県との対話の場を設けて、基地負担軽減に取り組んでほしい」などと述べた。

 玉城知事は岸田首相との面談を希望しているが、日程は決まっていない。

 今回新たに外相に就任した元文部科学相の林芳正氏について、「福田康夫内閣で防衛大臣を務められており、基地の整理縮小、日米地位協定の抜本的見直しなど、沖縄県の過重な基地負担の軽減に真摯(しんし)に取り組まれることを期待している」と述べた。

 西銘恒三郎沖縄担当相には「新たな沖縄振興特別措置法の制定や沖縄振興策の展開に一致して取り組んでいただきますようお願い申し上げる」と求めた。

 沖縄基地負担軽減担当相を兼ねる松野博一官房長官に対しては「沖縄の振興と併せて基地負担軽減担当大臣として、引き続きご尽力を賜りたい」と述べた。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス