経済

沖縄電力、10カ月連続の料金値上げ 全国最大の値上げ幅 1月は164円増

イメージ写真

 沖縄電力は26日、2022年1月の電気料金を発表した。平均的なモデル(月間使用量260キロワット時)で12月分から164円値上げとなり、8298円になる。値上げは10カ月連続。

 火力発電の燃料に使う石油や石炭の価格高騰を反映した。大手電力10社がそろって値上げするが、火力発電の割合が大きい沖電の値上げ幅が全国最大となる。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス