政治

辺野古サンゴ移植、沖縄県の「許可撤回」を取り消し 農水相が裁決 防衛局の審査請求に

 名護市辺野古の新基地建設を巡って、県のサンゴ移植許可撤回を不服とした沖縄防衛局の審査請求について金子原二郎農林水産大臣は28日、沖縄県の移植許可撤回を違法として、撤回を取り消す裁決をした。

 県は高水温期の移植を避けるなどの条件から逸脱したとして、7月30日に許可を撤回した。防衛局は8月2日、農相に県の許可撤回の取り消しを求めて8月2日に審査請求と裁決までの執行停止を申し立てた。農相は同5日、撤回の執行停止を認めてサンゴ移植ができる状態が回復した。防衛局は同6日に作業を再開した。

 今回、許可撤回の取り消しを認めたのは、埋め立て区域の大浦湾側にある「J、P、K地区」の約3万9千群体分。防衛局は「I地区」(約830群体)の許可撤回も審査請求をしていたが、許可撤回の執行停止中の8月11日に移植が終了していたことから、却下となった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス