芸能・文化

宮古島で国際映画祭開催 5月20~22日 受賞作品の上映やレッドカーペットも

座喜味一幸市長(左手前)に映画祭開催計画を説明する実行員会会長の柴山勝也さん(右中央)ら=18日、宮古島市役所

 【宮古島】宮古島市で初めてとなる国際映画祭が5月に開催される。市内でホテル経営を手掛け、同祭実行委員会会長を務める柴山勝也さんらが18日、市役所に座喜味一幸市長を訪ね、開催計画を報告した。柴山さんは「宮古島をPRしたい。島に来てもらうことが一番の目的」と話した。

 「宮古島国際映画祭」は「若い才能を発掘、サポートし、映画を通して夢と希望を想像すること」を目標に当初、2月開催を予定していた。今年に入って、新型コロナウイルスが市内で感染拡大したことに伴って延期した。市平良のマティダ市民劇場を会場に、5月20~22日の3日間かけて開催する。

 ストーリー部門(長編・短編)とドキュメンタリー部門(同)の4部門があり、各最優秀賞などを選出する。受賞者には英ロンドンで開催されているレインダンス映画祭への出品を支援する。審査員長は俳優で映画監督の上西雄大氏が務める。

 柴山さんによると、新進気鋭の監督による自主制作作品が既に複数出品されており、映画祭までに受賞作を決定する。映画祭では受賞作品上映や授賞式、レッドカーペットを実施する予定。

 18日、市長室を訪れた柴山さんは「映画祭を通じて、宮古島の魅力を多くの人に知ってほしい。宮古島が文化交流の中心となり、この映画祭が世界からあこがれられるものになるよう頑張りたい」と語った。

 座喜味市長は「市としてもどのような形で応援できるか検討したい」と応じた。

 (佐野真慈)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス