スポーツ
釣りへ行こう

屋那覇島でムネアカ連発

14日、屋那覇島で50~60センチのムネアカクチビやタマン他を釣った(左から)米須剛さん、比嘉千浩さん、米須啓人さん

 屋那覇島は伊是名島の南西約1キロに位置するクロワッサンのような形をした、平たんで県内最大の無人島。島には天然のヤギやウサギが生息し、透明度の高い海にはタマンやロウニンアジが群れる、釣り人憧れの島の1つ。

 14日、大型タマンを狙ってシーランドの米須剛さんと息子の米須啓人さん、同店スタッフの比嘉千浩さんの遠征に同行取材。運天港から午後3時30分のフェリーで伊是名島に渡り、知り合いの漁師の船で屋那覇島に向かった。強風のため目的だったポイントには渡れなかったが、島影になる船長お勧めのポイントに渡った。シガヤーダコを餌に仕掛けを投げ込むと、すぐに60センチほどのムネアカクチビが釣れた。幸先の良いスタートに、大型タマンを期待したが、釣れるのは50~60センチのムネアカクチビで、午前4時15分に60センチのタマンが釣れたのみ。狙いの大型タマンは釣れなかったが、一晩中稲光が走る強風の中、まずまずの釣果に恵まれた。屋那覇島の魅力を知った3人は次回の遠征を計画中。

 11日から12日にかけて「G F G沖縄親睦カーエー釣り大会」が開催された。これは開催期間中にウキ釣りで釣れた35センチ以上のカーエー1匹の全長を競うもので、主な結果は次の通り。(敬称略)

▽1位 岸本伸也43.9センチ1.5キロ

▽2位 知名定一 42.2センチ1.5キロ

▽3位 知念栄作 40.4センチ1.46キロ

(おきなわ釣り王国社・仲栄真修)


12日、GFG沖縄親睦会で上位入賞した(左から)知名さん、岸本さん、知念さん

9日、糸満沖で、ウムナガーやミーバイ、アカジン、ナガジユー等をテンヤで釣ったチームOPAの嘉陽直志さん、大城健さん、仲宗根伸さん(糸満 前田丸)


12日、慶良間沖で97センチ・13キロのクルバニーアカジンを釣った(株)中村興産の中村有児さん(かいきょう丸)

6日、石川海岸で56.6センチ・2.25キロのタマンを釣った澤紙昇さん



6日、北谷海岸で63.1センチ・3.1キロと47.5センチ・1.45キロのタマンを釣った宮里モラノジュンさん

5日、宜野湾海岸で59センチ・2.5キロのタマンを釣った金城真裕さん(東海釣り倶楽部)


12日、慶良間沖で104センチ・15.55キロのミーバイと99.6センチ・10.2キロと92センチ・8.6キロのオーマチを釣った稲葉祐一さん

3日、石垣島登野城海岸で130センチ・29.3キロのロウニンアジを釣った嵩田結人さん(チーム大物釣他人)


12日、石垣島伊野田沖で75センチ、5.9キロのコクハンアラをキャスティングタイラバ釣法で釣った功刀弘之さん

5月27日、読谷沖で63.9センチ・4.2キロのアカジンを釣った三木理映子さん(海輝丸)


釣りへ行こう
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス