政治

取り消しを全面的に支持 ヘリ基地反対協が声明

翁長雄志知事の承認取り消しを支持する緊急声明を発表するヘリ基地反対協の安次富浩共同代表=14日午前9時5分、名護市辺野古

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設計画をめぐり、ヘリ基地反対協議会は14日午前、翁長雄志知事の辺野古埋め立て承認取り消しを支持する緊急声明を発表した。安次富浩共同代表は「(取り消しを)全面的に支持し、これまで以上に知事を全力で支えていく」と話した。

国が取り消しの無効化を求める不服審査を請求することについて「国が弱い立場の国民を訴えるのは許されない。民主主義が滅ぶ」と批判した。
 その上で「全県・全国・全世界の皆さん、沖縄が孤立しないよう辺野古の座り込みに参加してください」と呼び掛けた。今後、同協議会は声明を英語やフランス語などに翻訳してホームページに掲載する。
 【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス