地域

黄金色の稲穂たわわに「ここ数年で1番の豊作」 名護・羽地で米の収穫はじまる

 沖縄県内有数の米どころ、名護市羽地の水田地帯で1期作の収穫が始まっている。6月30日、大きく成長した黄金色の稲穂を農家がコンバインで刈り取っていた。

 羽地産米は甘みやもちもちとした食感のある「ひとめぼれ」が人気。農家の男性(58)は「今年はここ数年で一番の豊作だ。台風が来る前に収穫できてよかった」と話した。

 7月第3週末から販売される予定。JAおきなわ北部地区営農振興センターによると、今期の収穫は全体で約66トンを見込んでいる。(名護)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス