社会

台風18号 大東島地方に暴風警報 きょう昼過ぎから夕方にかけ最接近の見込み(9月29日午前) 

29日午前9時現在の台風18号の進路予報図(気象庁のHPより)

 気象庁によると台風18号は29日午前9時50分現在、南大東島の南南東約110キロにあり、1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいる。午前10時13分に大東島地方に暴風警報と波浪警報が発令された。台風は発達しながら29日昼過ぎから夕方にかけて大東島地方に最も接近する見込み。気象庁は暴風と高波への警戒を呼びかけている。

 中心気圧は994ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。29日午後9時には南大東島の東北東約130キロを中心とし、半径65キロの円内に達する見込み。中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルと予想されている。
 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス