政治

「訓練取り下げは沖縄への差別」 北谷町議会、新基地建設などに抗議

意見書を採決する町議会=9日午前

 【北谷】北谷町議会は9日、臨時会を開き、米軍普天間飛行場の移設計画をめぐり「辺野古新基地建設工事再開に抗議し、新基地建設断念を求める意見書」を賛成多数で可決した。普天間の閉鎖・撤去を米政府と交渉することも求めた。
 意見書では、普天間基地所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの佐賀空港への訓練移転を防衛省が取り下げたことに対し「政府はあらためて沖縄の負担軽減を置き去りにする二重基準の対応を示し、沖縄県民への差別的な過重負担を強いている」と批判した。

 沖縄防衛局の「環境監視等委員会」の客観性・中立性が疑われている問題にも触れ「前知事の埋め立て承認条件とされた環境保全手続きのいい加減さが明らかになった以上、政府は新基地建設の計画を断念すべきだ」と要求。翁長雄志知事の承認取り消しを「断固支持する」とした。
 保守系議員からは「町外の問題を扱うことは(意見書を作成した)基地対策特別委員会の設置目的とそぐわない」と反対意見もあった。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス