有料

<沖縄いきものマスター> 街で森で多彩に大合唱 オオシマゼミ リュウキュウアブラゼミ クロイワニイニイ


<沖縄いきものマスター> 街で森で多彩に大合唱 オオシマゼミ リュウキュウアブラゼミ クロイワニイニイ クマゼミの羽化
この記事を書いた人 Avatar photo 宮城 菜那

 ジージリジリジリジリ、シャワシャワシャワー。セミのこえくとなつた!ってかんじますよね。セミは日本にほん国内こくないに36種類しゅるいいますが、そのうち半数はんすう以上いじょうの19種類しゅるい沖縄おきなわ県内けんないにすんでいます。このなかには日本にほん一番いちばんおおきなヤエヤマクマゼミと一番いちばんちいさなイワサキクサゼミ、めずらしいからだいろうつくしいごえのセミもいます。沖縄おきなわはまさにセミの宝庫ほうこなのです。今回こんかい初夏しょか代表だいひょうするクロイワニイニイ、真夏まなつによくるリュウキュウアブラゼミ、晩夏ばんかのやんばるでくオオシマゼミを紹介しょうかいします。姿すがたごえ特徴とくちょうって、観察かんさつしてみましょう。

(2020年07月26日付 りゅうPON!)


山地にすむオオシマゼミ。頭の濃い緑色と腹部の鮮やかな青い横線が美しい

オオシマゼミ

 全長ぜんちょう50ミリほどで、あたまむね緑色みどりいろくろうんじょうもんがあり、腹部ふくぶ背面はいめんあざやかなあお横線よこせんはいります。最盛さいせいは9~11がつ山地さんちのシイはやしにすみ、「ケーンケーン」と金属きんぞくをたたいたようなこえきます。

分類ぶんるい:セミツクツクボウシぞく
学名がくめい:Meimuna oshimensis
方言ほうげんめい:ジェンジェン(大宜味おおぎみそん)、ジェンジェンサー(今帰仁なきじんそん)など


沖縄諸島でよく見るリュウキュウアブラゼミ。夏の間、一日中鳴き声が響いている

リュウキュウアブラゼミ

 全長ぜんちょう55~65ミリの大型おおがたのセミで、奄美あまみ諸島しょとうから沖縄おきなわ諸島しょとうにすみます。からだくろから赤褐色せきかっしょくで、はね不透明ふとうめい赤褐色せきかっしょくです。5~10がつまで、「ジージリジリジリ」といちにちじゅう断続だんぞくてききます。

分類ぶんるい:セミアブラゼミぞく
学名がくめい:Graptopsaltria bimaculata
方言ほうげんめい:ナービカチカチー、ナービナーク、ナービチリチリーなど


山地にすむオオシマゼミ。頭の濃い緑色と腹部の鮮やかな青い横線が美しい

クロイワニイニイ

 全長ぜんちょう27~32ミリの小型こがたのセミで、はね褐色かっしょくうんじょうもんがあります。おも出現しゅつげん期間きかんは4~11がつながく、奄美あまみ大島おおしまから沖縄おきなわ諸島しょとう低地ていち松林まつばやしおおられます。「チー…」とかほそこえきます。

分類ぶんるい:セミニイニイゼミぞく
学名がくめい:Platypleura kuroiwae
方言ほうげんめい:マチサーサー、マチジージなど

(写真提供=安座間安史さん)

しまごとに独自どくじ進化しんか

 「なつむし」のイメージがつよいセミですが、じつ沖縄おきなわではなつ以外いがいにも活動かつどうしています。まだ肌寒はださむい3がつ初旬しょじゅんにイワサキクサゼミがはじめ、4がつごろにはクロイワニイニイ、6がつごろからリュウキュウアブラゼミやクマゼミ、11がつごろまでオオシマゼミのこえこえます。真冬まふゆの1、2がつのぞいてほぼ一年中いちねんじゅう沖縄おきなわ県内けんないのどこかのしまでセミのこえひびいているのです。

 おおくの昆虫こんちゅうはねをこすってきますが、セミははねでおなかをこすって摩擦まさつおんのほかに、おなかのなか発音はつおんきん発音はつおんまく振動しんどうさせておとします。そして空気くうきはいった共鳴きょうめいしつおとひびかせることでおおきなごえしています。

 また、沖縄おきなわのセミの半数はんすう他府県たふけんられない固有こゆうしゅ沖縄おきなわ北限ほくげん南方なんぽうしゅめています。しかも宮古みやこ諸島しょとうにしかいない種類しゅるい八重山諸島やえやましょとうのみにすむ種類しゅるいなどしまごとの固有こゆうしゅおお存在そんざいします。これはセミが昆虫こんちゅうなかではからだおも遠距離えんきょりぶのが不得意ふとくいなこと、幼虫ようちゅう地中ちちゅう植物しょくぶつからしるって成長せいちょうするためつちごと移動いどうするのがむずかしいことなど、うみわたって移動いどうできないため、しまごとに進化しんかしたとかんがえられています。

監修かんしゅう安座間あざま安史やすふみ 琉球大学りゅうきゅうだいがく教育きょういく学部がくぶ教職きょうしょくセンター非常勤ひじょうきん講師こうし


<まめ知識>

 セミは成虫せいちゅうになると2~3週間しゅうかんんでしまいます。そのため、一般いっぱん寿命じゅみょうみじか昆虫こんちゅうだとおもわれています。しかし、幼虫ようちゅう成虫せいちゅうになるまでに2~7ねんものなが期間きかん地中ちちゅうごしているため、一生いっしょうるともっと長生ながいきする昆虫こんちゅうとされています。アメリカに生息せいそくするジュウシチネンゼミの幼虫ようちゅうは、そのとおり17年間ねんかん地中ちちゅう生活せいかつします。