有料

<沖縄いきものマスター> 実は陸生 砂浜の人気者 ムラサキオカヤドカリ ナキオカヤドカリ


<沖縄いきものマスター> 実は陸生 砂浜の人気者 ムラサキオカヤドカリ ナキオカヤドカリ 浜辺を歩くムラサキオカヤドカリ。目と体をつなぐ眼柄の下部が薄紫色になっている
この記事を書いた人 Avatar photo 宮城 菜那

 よる砂浜すなはまみみをすますと、カサカサとおとがします。さまざまなかい背負せおい、ある姿すがた魅力みりょくてき砂浜すなはま人気にんきもの・オカヤドカリです。オカヤドカリはじつ陸生りくせい世界中せかいじゅうに15種類しゅるいおり、日本にほんでは7種類しゅるい、そのうち6種類しゅるい県内けんないにすんでいます。今回こんかい浜辺はまべでよくるムラサキオカヤドカリとナキオカヤドカリを紹介しょうかいします。(2020年08月23日付 りゅうPON)


正面から見たムラサキオカヤドカリ

ムラサキオカヤドカリ

分類ぶんるい:オカヤドカリ オカヤドカリ

ぞく 学名がくめい:Coenobita purpursus

方言ほうげんめい:アマン、アーマン、アマーム(沖縄おきなわじま宮古島みやこじま)、アーマンツァー(八重山諸島やえやましょとう

成体せいたいたいしょく名前なまえとお紫色むらさきいろですが、幼体ようたいしろうすあおむらさきなどさまざま。からだをつなぐがんへい下部かぶ薄紫うすむらさきいろです。ナキオカヤドカリとよくており、ちいさいときはたいしょくだけで区別くべつすることはできません。


正面から見たナキオカヤドカリ。目と体をつなぐ眼柄の下部に黒い色帯がみえる

ナキオカヤドカリ

分類ぶんるい:オカヤドカリ オカヤドカリ

ぞく 学名がくめい:Coenobita rugosus

方言ほうげんめい:アマン、アーマン、アマーム(沖縄おきなわじま宮古島みやこじま)、アーマンツァー(八重山諸島やえやましょとう

オカヤドカリるいもっともよくることができます。比較的ひかくてき小型こがたで、がんへい下部かぶくろ斑紋はんもんがあります。腹部ふくぶ末端まったんきゃく宿しゅくがい内側うちがわにこすりつけて「ギッギッギ」と″き”ます。


なんでもべる! 浜辺はまべ掃除屋そうじやさん

 オカヤドカリはエビやカニとおな甲殻こうかくるい仲間なかまです。うみにすむホンヤドカリとよく姿すがたをしていますが、ホンヤドカリよりもヤシガニにちかいとされています。夜行やこうせい昼間ひるま海岸かいがんちかくのアダンばやしなどにひそみ、よるえささがしてうごまわります。動物どうぶつ死体したい残飯ざんぱん植物しょくぶつなどなんでもべる雑食ざっしょくせいで、「浜辺はまべ掃除屋そうじや」とばれます。
 ヤドカリはそのとおんだがいやアフリカマイマイのから背負せおってらします。これを宿しゅくがいといいます。宿しゅくがいからだをおさめててきからまもるだけでなく、かいなかみずたくわえて呼吸こきゅうし、乾燥かんそう脱水だっすいあつさをふせいでいます。

 オカヤドカリは脱皮だっぴたびからだおおきくなるため、成長せいちょうともなって宿しゅくがいえる必要ひつようがあります。いいサイズのかいつけるとハサミで慎重しんちょうおおきさをはかり、うつみます。宿しゅくがいはいつも不足ふそく気味ぎみなので仲間なかま同士どうしいになることもあります。

 成体せいたいになるとうみはいらないオカヤドカリですが、6~10がつ大潮おおしお前後ぜんごよるにメスが水際みずぎわあつまり、かいなか保護ほごしていたふ直後ちょくご幼生ようせい海中かいちゅうはなちます。幼生ようせい動物どうぶつプランクトンとしてうみただよい、すうかい脱皮だっぴ大人おとなおなかたちになります。上陸じょうりくまえかいさがしてもぐみ、その陸上りくじょう生活せいかつおくります。

 りくがったばかりのオカヤドカリは5ミリほどのかいにおさまるおおきさ。ぬまで成長せいちょうするので長生ながいきするほど巨大きょだいになります。寿命じゅみょうは25~30ねんわれています。

監修かんしゅう安座間あざま安史やすふみ 琉球大学りゅうきゅうだいがく教育きょういく学部がくぶ教職きょうしょくセンター非常勤ひじょうきん講師こうし


見分みわかた

 オカヤドカリとホンヤドカリの見分みわかたとして、オカヤドカリは片方かたほうだいきゃくおおきく、だい触角しょっかくながいという特徴とくちょうがあります。また、オカヤドカリのメスの腹部ふくぶには3ぼんふくばれるえた突起とっきがあります。メスはふく放生ほうせいまでたまご保護ほごします。

ナキオカヤドカリの幼体
宿貝から出たムラサキオカヤドカリ。柔らかい腹部を守るため脱皮や宿貝を替える時以外、貝から出ることはほとんどない
宿貝に潜り込み身を隠しているナキオカヤドカリ。ぴったりと丸くなっている

<まめ知識>

 沖縄おきなわではどものあそ相手あいてだったり、りのえさとしてなじみがふかいオカヤドカリですが、じつは1970ねんくに天然記念物てんねんきねんぶつ指定していされています。オカヤドカリは日本にほんでは南西諸島なんせいしょとう小笠原諸島おがさわらしょとう生息せいそくしていますが、沖縄おきなわにほん復帰ふっきするまでは小笠原諸島おがさわらしょとうにしかいない“希少きしょうしゅ”でした。小笠原諸島おがさわらしょとうでの乱獲らんかくあやぶみ、天然記念物てんねんきねんぶつ指定していされたのですが、1972ねん沖縄おきなわ復帰ふっきともない、自動的じどうてき沖縄おきなわ県内けんないのオカヤドカリも天然記念物てんねんきねんぶつとなりました。

 沖縄おきなわでは浜辺はまべいま日常にちじょうてきることができるものですが、天然記念物てんねんきねんぶつなので無断むだん捕獲ほかくすることは禁止きんしされています。かわいくて飼育しいくしてみたい! とおもうかもしれませんが、かえらず浜辺はまべ観察かんさつするだけにしましょう。