有料

<沖縄いきものマスター> コロンと丸まる公園のアイドル コシビロダンゴムシ類 オカダンゴムシ


この記事を書いた人 Avatar photo 宮城 菜那

 つちうえをチョコチョコあるき、さわるとコロンとまるくなる姿すがたがかわいいダンゴムシ。みなさんも公園こうえんにわしたいちたことがあるのではないでしょうか。ダンゴムシの仲間なかま日本にっぽんでは325しゅほど報告ほうこくされています。今回こんかい世界中せかいじゅうひろ分布ぶんぷし、県内けんないでも最近さいきん確認かくにんされるようになったオカダンゴムシと在来ざいらいしゅのコシビロダンゴムシを紹介しょうかいします。(2020年09月27日付 りゅうPON!)

コシビロダンゴムシ

コシビロダンゴムシるい
 全長ぜんちょう8ミリほどの小型こがたのダンゴムシでたいしょく茶褐色ちゃかっしょく日本にほん全国ぜんこくにいる在来ざいらいしゅです。オカダンゴムシはがすぼまっていますが、コシビロダンゴムシるい扇形おうぎがたひろがっています。コシビロダンゴムシるい日本にほん各地かくち地域ちいき独自どくじ在来ざいらいしゅられます。
分類ぶんるい:ワラジムシもく コシビロダンゴムシ コシビロダンゴムシ
学名がくめい:Venezillo SP
方言ほうげんめい:なし

オカダンゴムシ

オカダンゴムシ
 全長ぜんちょう15ミリほどの大型おおがたのダンゴムシであん褐色かっしょく黒色こくしょく光沢こうたくがあります。いししたなどで1ねんじゅうることができます。ヨーロッパ原産げんさん外来がいらいしゅで、市街地しがいちでよくられます。
分類ぶんるい:ワラジムシもく オカダンゴムシ オカダンゴムシ
学名がくめい:Armadillidium vulgare
方言ほうげんめい:なし


 

自然しぜんかい分解ぶんかいしゃ ~りくにすむエビの仲間なかま

 ダンゴムシの仲間なかまはワラジムシるいとともに陸生りくせい甲殻こうかくるいで、エビやカニの仲間なかまです。からだ頭部とうぶ胸部きょうぶ腹部ふくぶかれ、あしは7つい14ほんあります。その一番いちばん特徴とくちょうはコロンとからだまるめて球形きゅうけいになること。これはかた皮膚ひふまもり、ころがりやすいかたちになっててきからの攻撃こうげきのがれるためのものです。
 ダンゴムシのすみかはもりはやしにわがき学校がっこう堆肥たいひなど、もった湿しめった場所ばしょしょう動物どうぶつ死体したいべます。
 自然しぜんかいには光合成こうごうせい無機物むきぶつから有機物ゆうきぶつつく生産せいさんしゃ植物しょくぶつ)と、生産せいさんしゃつくった有機物ゆうきぶつべる消費しょうひしゃ動物どうぶつ)、そして、生産せいさんしゃ消費しょうひしゃ遺体いたいはいせつぶつ無機物むきぶつ分解ぶんかいする分解ぶんかいしゃ菌類きんるい細菌さいきんるい)がいます。分解ぶんかいしゃぶんかいした無機物むきぶつ植物しょくぶつ栄養素えいようそとしてげて有機物ゆうきぶつつくします。
 ダンゴムシはしょう動物どうぶつ死体したいべ、そのふんを細菌さいきん菌類きんるい無機物むきぶつ分解ぶんかいします。ダンゴムシは、ミミズやヤスデるいとともに分解ぶんかいしゃ一員いちいんとして生態せいたいけい重要じゅうよう役割やくわりたしています。

丸くなり外敵から身を守るダンゴムシ。右がコシビロダンゴムシ類、左がオカダンゴムシ
湿った場所を好むコシビロダンゴムシ。地域によって少しずつ姿が違うという

監修かんしゅう写真しゃしん提供ていきょう安座間あざま安史やすふみ 琉球大学りゅうきゅうだいがく教育きょういく学部がくぶ教職きょうしょくセンター非常勤ひじょうきん講師こうし

本島ほんとう石垣島いしがきじま与那国島よなぐにじま… ~地域ちいきことなる固有こゆうしゅ

 コシビロダンゴムシるい日本にっぽん各地かくち地域ちいき独自どくじ在来ざいらいしゅがいます。沖縄おきなわでもシュリコシビロダンゴムシ(沖縄おきなわじま)、ヤエヤマコシビロダンゴムシ(石垣島いしがきじま)、ドナンコシビロダンゴムシ(与那国島よなぐにじま)など、地域ちいきしまごとにすこしずつことなる固有こゆうしゅ報告ほうこくされています。いまのところ沖縄おきなわけんから9種類しゅるい報告ほうこくされています。


 

<まめ知識>

 外来がいらいしゅのオカダンゴムシはヨーロッパが原産地げんさんち明治めいじ時代じだい以降いこう日本にっぽんはいってきました。いまでは日本にほんじゅう市街地しがいち普通ふつうることができるほどえてきました。それにたいし、山地さんち森林しんりんなどには日本にほん在来ざいらいしゅのコシビロダンゴムシるいがすんでいます。
 沖縄おきなわでは復帰ふっきまえまでオカダンゴムシの目撃もくげき記録きろくはありませんでした。1980年代ねんだいにはしばおおわれた公園こうえんなどでポツポツと程度ていどでしたが、2000年代ねんだい中頃なかごろから沖縄おきなわじまのあちこちでオカダンゴムシの集団しゅうだんられるようになりました。いまでは那覇なは市内しない小学校しょうがっこう集積しゅうせきしょ多数たすうのダンゴムシ集団しゅうだんられます。
 現在げんざい、オカダンゴムシの少数しょうすう集団しゅうだん(3個体こたい以下いか)の目撃もくげきれい北限ほくげん今帰仁なきじんそん複数ふくすう集団しゅうだん(5たい以上いじょう)の目撃もくげきれい宜野湾ぎのわん北限ほくげんのようです。今後こんご外来がいらいしゅのオカダンゴムシ集団しゅうだんがどのように分布ぶんぷいきひろ定着ていちゃくしていくか、になるところです。みなさんも自宅じたく周辺しゅうへんがきのダンゴムシを調しらべてみませんか。