有料

「国際女性デー」/偏見や差別ない社会に<そこが知りたい!なるほどうちなーニュース>


この記事を書いた人 Avatar photo 宮城 菜那

 3がつ8日ようかは「国際こくさい女性じょせいデー」。女性じょせいへの差別さべつ偏見へんけんのない社会しゃかい目指めざしてちからわせる国際こくさいてき記念きねんです。わたしたちの社会しゃかいでも、女性じょせい家事かじ子育こそだての負担ふたん過重かじゅうにかかっており、政治せいじ経済けいざい分野ぶんや活躍かつやくしにくい現状げんじょうがあります。また「女性じょせい」と一言ひとことでいっても多様たようです。だれもが自分じぶんらしくきることができたらすてきですよね。

 しかし、わたしたちはまれたときおんなおとこけられ、役割やくわり特徴とくちょうめつけられることがおおくあります。てはまらないひとおおいのに、どうして2つにけちゃうんだろう。

 性別せいべつかかわる「どうして?」を、「ジェンダー」(社会しゃかいてきにつくられた性差せいさ)について研究けんきゅうする玉城たましろ福子ふくこさんにきました。

(2021年03月07日付 りゅうPON!掲載)

クリックして見てね(PDFファイル)
多様たようせいについてかんがえよう

 わたしたちのごす社会しゃかいでは、女性じょせい男性だんせい2つの性別せいべつけられ、「おんならしさ」や「おとこらしさ」をもとめられてくるしい気持きもちになることがあります。そんな社会しゃかいのありかたすこしでもえたいとねがひとのために、ジェンダーやせいようせいについてかんがえ、多様たよう社会しゃかい実現じつげんするために行動こうどうするグループを紹介しょうかいします。知識ちしき仲間なかま存在そんざいおおきなちからです。

「てぃーだあみ」共同代表の(右から)竹葉梓さん、山城彰子さんと子どもの薫さん、佐脇広平さん=2021年2月21日、那覇市内

仲間なかま居場所いばしょはあるよ」 「てぃーだあみ」かた運営うんえい

 「てぃーだあみ」はセクシャルマイノリティーと社会しゃかい問題もんだい出発しゅっぱつてんに、人権じんけんについてかんがえ、かたい、発信はっしんするグループです。2カげつに1多様たようせいについて自由じゆうかたえる「レインボー交流こうりゅうかい」をひらいています。わたしたちはよく「普通ふつう」という言葉ことば使つかいますが、この「普通ふつう」ってなにだろう? とみんなでかんがえ、ゆんたくする交流こうりゅうかいです。

 多様たようせいだれもが当事者とうじしゃせい多様たようせい尊重そんちょうするひとならだれでも交流こうりゅうかい参加さんかすることができます。参加さんかしゃ安心あんしんして安全あんぜんかたえるをつくるため、「セクシュアリティ(せいのありかた)について本人ほんにんわないかぎたずねない」、「はなしたくないことははなさなくてもいい」、「交流こうりゅうかいいたはなしそとではしない」などのルールがあります。

 共同きょうどう代表だいひょうたけあずささんは、自身じしんせい特定とくてい性別せいべつ限定げんていしない「トランスジェンダー」です。学生がくせい時代じだい制服せいふくのスカートをるのがくるしかったというたけさんは、高校こうこう私服しふくこう進学しんがくおんなおとこけられる社会しゃかいなかきづらさをかんじていたといいます。「てぃーだあみ」がみんなにつたえたいことは、「くるしい気持きもちをえたのはいろんなひととの出会であいやまなび。いまがつらくても、かなら自分じぶん居場所いばしょはあるし、仲間なかまはいるよ」。

 レインボー交流こうりゅうかい日程にっていなどは「てぃーだあみ」のフェイスブックで発信はっしんしています。わせはメール iidaami.okinawa@gmail.com