スポーツ

喜友名が形世界一 空手1プレミア沖縄大会 リーグ4度目制覇

男子個人形決勝でスーパーリンペイを演じる喜友名諒=28日、那覇市の県立武道館(屋嘉部長将撮影)

 空手の世界大会「空手1プレミアリーグ沖縄大会」が28日、那覇市の県立武道館で開幕した。喜友名諒(全日本空手道連盟ナショナルチーム、劉衛流龍鳳会)が男子個人形で頂点に立ち、2012年トルコ、13年ドイツ、昨年の沖縄大会に続き4度目のプレミアリーグ制覇を達成した。

 喜友名は初戦から準決勝まで、4試合を全て5-0で勝ち上がり、決勝は新馬場一世(西濃運輸)との日本人対決を4-1で制した。喜友名は金城新(全日本空手道連盟ナショナルチーム、劉衛流龍鳳会)、上村拓也(同)と出場した団体形でも29日の決勝へ駒を進め、4年連続の2冠を狙う。
 このほか県勢は、個人形男子の金城と同女子の照屋真子(小林流守武館照屋道場)、男子組手75キロ級の比嘉弘輝(日大)がいずれも3位に入るなどした。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス