政治

オカヤドカリの捕獲・移動、県教委が国に「反対」伝達

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に向けた工事で、沖縄防衛局が国指定天然記念物オカヤドカリ類の捕獲・移動の現状変更を文化庁に申請した際に、県教育委員会が現状変更には反対との意向を文化庁に伝えていたことが19日、分かった。平和市民連絡会の北上田毅さんが情報公開請求で入手した資料で明らかになった。

 県教委は、新基地建設で「良好な生息地である自然海岸を広範囲にわたり不可逆的に失う恐れがある」と指摘し、現状変更に「反対」と伝えた。一方で県の文書送付を受けた文化庁は、防衛局への許可文書で県の反対には一切触れていない。
 北上田さんは県教委に対し「調査・確認をしてほしい」と注文した。
英文へ→Japanese government ignores Okinawa educational board’s opposition to moving Henoko’s hermit crabs



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス