エンタメ

与那原CM「一番に」 国際映画祭企画 応援団が気勢

CMにも登場した「御水撫で」を再現する与那原町民ら=12日、町与那原の親川

 【与那原】21日から24日まで開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」の企画「JIMOT CM COMPETITION」で、与那原町が製作したCMが沖縄41市町村部門でファイナルに進出する3作品に選ばれた。グランプリを目指そうと12日、町与那原の拝所・親川(うぇーがー)に町民約80人が集まり、与那原応援団が結成された。

 「JIMOT―」は地元への愛や町の魅力を紹介するCMを製作して競う企画。与那原町は、元気を失っている女性に聞得大君が親川で御水撫で(うびなでぃ)を行い、さらに町の女性らが与那原大綱曳で踊られる前舞い(めーもーい)を踊り、女性を元気づける内容のCMを製作。「女性が輝ける町」と題し、女性のみでユーモラスに表現した。
 団長の奥原崇也さんは「どうせ出るなら一番を目指したい」と意気込みを語った。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス