社会

辺野古基金5億6千万に 裁判研究、反対運動体を支援

寄付総額について発表する辺野古基金運営委員長の新里米吉氏(中央)ら=2日、那覇市旭町の金秀本社

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古での新基地建設阻止を目的とした「辺野古基金」の運営委員会が2日、那覇市内であり、4月27日時点での寄付金総額が5億6414万5729円(記帳件数9万3231件)に達したことを発表した。

 新基地建設阻止に向けた運動体の「オール沖縄会議」に4月4日に6千万円を振り込んだことや、新基地建設を巡る国と県との裁判闘争について、法的側面から県側をバックアップする「辺野古訴訟支援研究会」へ今後800万円を支援することなどが確認された。
【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス