社会

東京で新基地反対訴え 市民団体、米軍属事件に怒り

海上保安庁・国土交通省に向かい「新基地いらない」などと訴える参加者ら=21日、霞ヶ関の海上保安庁・国土交通省前

 【東京】米軍普天間飛行場の辺野古移設計画の断念を求め、市民団体が呼び掛けた「レジスタンス大行動」が21日、霞ヶ関の警視庁・警察庁前と国土交通省・海上保安庁前で開かれた。集会は当初、名護市辺野古の新基地建設現場での警視庁機動隊や海上保安庁の過剰警備に抗議する趣旨だったが、米軍属女性死体遺棄事件を受けて憤りの声が多く上がった。登壇者が事件について「基地を許すわけにはいかない」「全基地撤去が必要だ」と声を上げると、事件を思い目頭を押さえる参加者の姿もあった。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス