人事・訃報

玉城義和県議が死去 島ぐるみ会議事務局長 67歳

 【名護】元県議会副議長で「沖縄建白書を実現し未来を拓(ひら)く島ぐるみ会議」事務局長を務めている県議会議員(名護市区選出・県民ネット)の玉城義和(たまき・よしかず)氏が3日午後3時50分ごろ、食道がんのため名護市内の病院で死去した。67歳。本部町伊豆味出身。告別式は6日午後2時から午後3時、名護市名護4558の16、サンレー北部紫雲閣で。喪主は妻むつ子さん。

 1992年県議会議員に初当選して計7回の当選、現在6期目。5日投開票の県議選では体調不良を理由に出馬を断念し、今期での勇退を表明していた。

 玉城氏は95年に米軍人による少女乱暴事件に抗議するため開催された超党派の「10・21県民大会」の事務局長を務めた。また2014年7月に結成された米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する「沖縄建白書を実現し未来を拓く島ぐるみ会議」でも事務局長を務めてきた。

 中央大法学部を卒業、67年に旧名護町役場勤務。74年に入った日本労働組合総評議会では反核、反基地闘争を組織。沖縄政策委員会事務局次長として名護―糸満の鉄道計画に関わった。