社会

不戦の誓い新たに 戦没児童と教員を追悼 那覇で教育関係者慰霊祭

教育関係者戦没者慰霊祭で献花し、手を合わせる参列者=11日午前11時半ごろ、那覇市久茂地の県教育会館

 第63回教育関係者戦没者慰霊祭が11日午前、那覇市久茂地の県教育会館で開かれ、遺族や教育関係者ら59人が参列した。沖縄戦や疎開船「対馬丸」の撃沈で亡くなった児童・生徒や教職員7609人に黙とうをささげ、不戦の誓いを新たにしていた。
 教育関係団体を中心とした14団体の代表と遺族、一般参列者らが次々と祭壇に献花し手を合わせた。追悼の歌として「月桃」「さとうきび畑」などが披露されると、目頭を押さえる参列者の姿も見られた。
 同会館の山本隆司理事長は「教え子を再び戦場に送らないという決意を新たにする」とあいさつした。【琉球新報電子版】