スポーツ

最終日降雨中止、池田V、正岡2位 カシオ・ワールドオープン 正岡逆転で来季シード獲得

 男子ゴルフのカシオ・ワールドオープンは27日、高知県Kochi黒潮CC(7315ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われたが、降雨によるコースコンディション不良のため、途中で中止になった。大会は54ホールに短縮され、第3ラウンドを終えて通算13アンダー、203で首位だった池田勇太が今季3勝目、通算16勝目を挙げた。

 宜野湾市出身の正岡竜二(33)=西原高―東北福祉大出=は単独2位。賞金1500万円を獲得した。賞金ランキングは大会前のシード圏外の88位から一気に51位へ。逆転で来季シードをつかんだ。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス