国際

【中国時報】12月の失業率が改善 ここ16年で最低の数字

 行政院主計総処は昨年12月の失業率を発表した。景気の回復から12月の失業率は引き続き下がり、3・79%に下がった。

 ここ16年で最低の数字で、季節調整を経た後の失業率も5カ月連続で下がった。失業状況が徐々に安定していることを示している。

 国勢調査処の潘寧香副処長は、昨年の平均失業率が3・92%で一昨年の3・78%をやや上回っていたが、この状況は昨年の下半期に好転した結果であり、失業率も同時期から下がってきていたことを示した。

 完全週休2日制を目指す「一例一休」制度が雇用を増やしたかという問いに対しては、現在はまだ資料がなく、数字に反映されていないという。これについては引き続き観察していく予定と述べた。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス