政治

「沖縄家」の家計簿 給料低いが支出大

 沖縄県の2017年度一般会計当初予算案が7354億円に決定した。16年度比187億円(2・5%)減。沖縄振興一括交付金など国庫支出金の減額が影響し、9年ぶりに減ったが、7千億円台は4年連続で確保した。

 県の2017年度一般会計当初予算案で、10億円を1万円とし、1年間の家計に例えてみた。「沖縄家」の給料(県税など)は213万円でボーナス(地方交付税など)は228万円の一方、支出は735万円もかかる。不足を補うため親からの仕送り(国庫支出金)208万円や、借金56万円、貯金取り崩し30万円に頼る。

 支出は食費(人件費)が196万円で、借金返済(公債費)が75万円、医療・介護保険料(扶助費)が32万円となる。教育費や子どもへの仕送り(市町村への補助金など)は206万円で、光熱水費や通信費(物件費)は50万円、車や家電などの買い替えなどに177万円要する。

 2月現在の見込みで、16年度末の貯金(主要3基金)は59万円だが、借金(県債)総額は652万円だ。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス