新基地いらニャい 猫愛好団体、新基地建設反対訴え

「平和が一番ニャ」と基地建設反対を訴える肉球新党のメンバーら=22日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 「吾輩(わがはい)は辺野古新基地に反対である」。ネコの日の22日、沖縄県内のネコ好きらでつくる「にくきゅー琉球#肉球新党」のメンバーが、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で新基地建設反対を訴えた。

 「ネコに優しい社会は人にも優しい」をキャッチフレーズに会員制交流サイト(SNS)のツイッターで関係を深め、県内で20~30人、全国には約3600人の党員(フォロワー)がいるという。

 肉球新党は2011年の東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発の事故により、厳しい環境下で取り残された動物たちの気持ちを代弁しようと活動を開始。平和問題や動物の殺処分問題など社会問題での発信を強めている。

 高江や辺野古の反対行動にも参加してきた。