社会

猫の鼻に吹き矢 北谷砂辺、女性が保護

北谷町砂辺で保護された鼻に吹き矢が刺さった猫=13日、北谷町砂辺(県提供)

 【北谷】北谷町砂辺の砂辺馬場公園付近で13日、鼻に長さ約11センチの吹き矢が刺さった猫が発見された。県環境部が21日発表した。猫は15日に保護されて治療を受けたため命に別条はないが、県は虐待事案として注意を呼び掛けている。

 猫は北谷町砂辺に住む女性が、友人から「矢の刺さっている猫がいた」と連絡があり13日の午後5時すぎに砂辺馬場公園付近で確認した。発見当時、猫の鼻には矢が3センチほど刺さっており、目がうつろで弱っている様子だったという。女性はその場で猫を保護しようとしたが、猫が逃げたため断念。15日に猫を保護し動物病院に搬送したという。
 女性は「被害が広がらないか心配だ」と懸念した。猫の事案発生後、現場付近を重点的に見回っているという北谷町砂辺区の伊禮嶺生自治会長は「(犯罪が)エスカレートしないかが怖い。馬場公園は子どもたちが遊ぶので、注意して見守りたい」と話した。