芸能・文化

「逃げた知事」演劇で描く 10日、テンブス那覇

本番に向け稽古する泉守紀役の川上真輝(左)と貞子役の棚原裕子=那覇市内の稽古場

 1943年、第26代沖縄県知事に就任した泉守紀(しゅき)を描いた演劇「いっとーばい~逃げた知事 泉守紀~」(野里洋原作、安和学治脚本、当山彰一演出)が10日の午後1時と6時から那覇市ぶんかテンブス館で上演される。沖縄戦直前に解任され“逃亡した知事”のレッテルを貼られた泉(川上真輝)。慰安所の設置に反対し、食糧確保が困難な本島北部への住民疎開に異議を唱えるなど、軍の命令に背いた泉の信念を見詰める。

 県文化振興会の支援を受け、一般社団法人おきなわ芸術文化の箱が主催する。監修は畑澤聖悟。

 脚本を手掛けた安和は「あの時、自分がそういう立場に立ったら何ができただろうかと考えて作った。歴史から葬り去られた知事の真実を未来に残したい」と語った。内縁関係にある泉と貞子(棚原裕子)の仲むつまじい姿にも注目だ。全出演者が現代の服を着たまま演じ、観客を巻き込むという演出を試みる。

 このほか安室憂美、伊敷幸一、犬養憲子、金城裕一、わたぬきかな、嘉数雅生らが出演する。入場料は前売り1500円、当日2千円。高校生以下千円。問い合わせは当山(電話)070(5815)7050
oact@otonadan.com



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス