政治

沖縄県、辺野古工事停止の行政指導 希少種サンゴ発見報告遅れ受け

辺野古新基地建設の海域での希少種サンゴ発見の報告遅れなどを受け、工事停止の行政指導を行ったと発表する翁長雄志知事=2日午後7時ごろ、県庁

 名護市辺野古の新基地建設を巡り沖縄県は2日、事業主の沖縄防衛局に対して公有水面埋立法に関連し、工事停止の行政指導を行った。2日に県庁で会見した翁長雄志沖縄県知事は、建設予定海域で希少種サンゴ群体が見つかっていたにもかかわらず、それまでの県の照会に報告してこなかったことなどを挙げ「不適切かつ不誠実。環境保全の視点を欠き、工事進捗(しんちょく)を優先する防衛局の姿勢は大変遺憾だ」と批判した。指導では工事を停止した上で、県の立ち入り調査に応じることなどを求めた。
 見つかった希少種サンゴについて、今後予定される防衛局の特別採捕許可申請については「厳正、かつ適切に対応していく考え」と述べた。
【琉球新報電子版】