政治

「不安与え申し訳ない」 防衛局長が石垣市長へ謝罪 石垣空港オスプレイ緊急着陸

オスプレイの緊急着陸に抗議し、異常原因の究明・公表などを求める要請書を沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長(左)に手渡す中山義隆石垣市長=5日午前9時すぎ、石垣市役所

 【石垣】米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが沖縄県石垣市にある石垣空港に緊急着陸したことについて、石垣市の中山義隆市長は5日午前、石垣市役所を訪れた沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長に抗議した。米軍と防衛局に、徹底した原因の究明や再発防止策の策定・公表などを求める要請文を手渡した。中嶋局長は「不安を与えて申し訳ない。米軍にも伝えたい」とした。

 中嶋局長は中山市長に、緊急着陸後の状況などについて説明した。

 石垣空港には9月29日、オスプレイ2機が緊急着陸した。不具合を起こした機体が4日夜に離陸するまで、同空港への駐機を続けた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス