社会

機体無残な姿さらす 米軍ヘリ不時着炎上から一夜 東村高江

不時着し、炎上した米軍普天間飛行場所属のCH53ヘリ=12日午前6時34分ごろ、東村高江(小型無人機で撮影)

 米軍北部訓練場に近い東村高江の車地区の牧草地に11日午後に不時着後、炎上した米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリコプターは12日午前7時現在、事故から一夜明け現場で無残な姿を見せている。


不時着し、炎上した米軍普天間飛行場所属のCH53ヘリ。周辺に住宅地が見える=12日午前6時半ごろ、東村高江(小型無人機で撮影)

 12日午前1時20分すぎには米軍車両が現場周辺に到着した。朝方には米兵らが現場で、黒焦げの残骸となったヘリコプター周辺を歩く様子が確認できた。


不時着し、炎上した米軍普天間飛行場所属のCH53ヘリ=12日午前6時35分ごろ、東村高江(小型無人機で撮影)

 12日午前6時30分ごろ、本社小型無人機で炎上したヘリコプターを撮影した。真っ黒に焦げた様子と、周辺の牧草が延焼している状況が確認できた。操縦室は跡形もないほど焼け落ちている。数百メートル先に住宅地があるのも確認できる。【琉球新報電子版】

英文へ→Burned-out U.S. Marine CH-53E helicopter casts a disturbing image after a forced landing in Takae


着陸後に炎上し、残骸となった米軍普天間飛行場所属のCH53E大型ヘリコプター=12日午前6時45分、東村高江