社会

高江ヘリ炎上に200人抗議 全基地撤去訴え東村で集会

米軍ヘリの不時着炎上事故に抗議する集会で、こぶしを突き上げて気勢を上げる参加者=15日正午すぎ、東村高江の北部訓練場メーンゲート前

 【東】米軍普天間飛行場所属のCH53Eヘリが不時着し炎上したことに対する抗議集会が15日正午から、事故現場に近い東村高江の米軍北部訓練場メーンゲート前で開かれた。ヘリパッドいらない住民の会とヘリパッド建設反対現地行動連絡会の主催。約200人(主催者発表)が参加し「基地があるゆえの事故。全基地を撤去させよう」と訴えた。

 抗議声明では「命を守るため、二度と同じようなことが起きないよう、米軍と国に抗議する」と強調し、北部訓練場の全面返還などを求めた。
 参加者は肩を組んで「沖縄を返せ」などを歌い、ガンバロー三唱でこぶしを突き上げた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス