社会

比嘉激闘 振り返る 30日から写真展 浦添市役所

トマ・マソン(仏)にラッシュする比嘉大吾(右)=22日、東京の両国国技館

 22日に行われた世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで初防衛を果たした比嘉大吾選手(22)=白井・具志堅スポーツジム、宮古工業高出、浦添市出身=の対戦を振り返る「激闘写真展」(主催・琉球新報社)が30日から、浦添市役所ロビーで開かれる。11月10日まで。

 世界王者になって初めて臨んだ防衛戦で、比嘉は積極的にパンチを繰り出し、対戦相手のトマ・マソン選手(27)=同級5位、フランス=を圧倒、7回TKO勝ちした。比嘉はデビュー戦から14戦全勝(14KO)だ。

 写真展では、試合前の計量から対戦後の充実した様子までを収めた写真約30点を展示する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス