芸能・文化

秋空の下、琉球舞踊厳かに 首里城祭始まる

玉城流玉扇会による琉球舞踊「四つ竹」で幕開けした首里城祭伝統芸能の宴==3日午前、那覇市の首里城公園

 琉球王朝の華やかな儀式や行事を再現する首里城祭(同実行委員会主催)が3日午前、那覇市の首里城公園を中心に始まった。初日は首里城内の下之御庭(しちゃぬうなー)で「伝統芸能の宴(うたげ)」が開かれた。琉球舞踊の四つ竹や獅子舞などが観客を魅了した。

 5日までの3日間、公募で選ばれた国王・王妃役が登場する琉球王朝絵巻行列など琉球王朝の文化や芸能を堪能できる催しが3日間行われる。今年は首里城公園開園25周年を記念して園内で泡盛に触れられる企画などを予定している。
 3、4の両日は閉園時間は午後9時。有料区域のチケット購入は午後8時まで、有料区域の閉園は午後8時半までとなっている。【琉球新報電子版】