政治

安倍首相「ドアはオープン」 新基地巡る沖縄県との対立に

 【東京】安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、対立する状況が続いている国と沖縄県が対話する可能性を問われ「翁長知事から会いたいと言われればいつでもドアはオープンだと言いたい」と述べ、求められれば会談に応じる姿勢を示した。下地幹郎氏(維新)の質問に答えた。

 下地氏は北朝鮮への対応でも米軍基地が集中する沖縄の役割が重要になると主張。辺野古新基地建設については、埋め立てに向けた工事が進んでいるとして「交渉できる最後の時期にきている」として、早期に会談すべきだとした。

 安倍氏は新基地建設を巡り、和解後も訴訟が続いていることを念頭に「残念だ」と指摘した。同時に「建設的な話になっていかなければならない。話を拒否するつもりはない」と述べ、基地建設に理解を求めていく意向もにじませた。