スポーツ

大相撲沖縄場所、16、17日開催 「迫力体感してほしい」

大相撲沖縄場所をPRする日本相撲協会巡業部の千田川順氏(中央)と大相撲沖縄場所実行委員会の竹岡剛実行委員長(左)、町田宗信副委員長=13日、那覇市天久の琉球新報社

 大相撲沖縄場所2017年冬巡業が16、17日の両日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催される。13日、日本相撲協会巡業部の千田川順氏(元闘牙)、大相撲沖縄場所実行委員会勧進元、竹岡剛実行委員長、町田宗信同副委員長が那覇市天久の琉球新報を訪れ、多くの来場を呼び掛けた。

 沖縄場所は今回で3年連続の開催となった。公開稽古や人気力士とのちびっこ相撲、目玉となる幕内力士のトーナメント戦が催される。

 横綱の白鵬や鶴竜、うるま市出身で三段目の千代の勝らが熱戦を繰り広げる。沖縄は力士にとっても人気の巡業先とされており、千田川親方は「大変な時期ではあるが、力士は張り切っている。相撲の迫力を生で見てほしい」と語った。

 16、17日ともに午前9時から午後3時。座席チケットなどはファミリーマートなどで購入できる。当日券も販売する。問い合わせは実行委員会事務局(電話)098(890)5577。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス