社会

砕石の搬入連日続く 海保が市民を一時拘束 辺野古の新基地建設で

本部港から運ばれた砕石を別の台船に積み替える作業が行われた=22日、名護市辺野古沿岸

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市への新基地建設で22日、本部港から砕石を積んだ台船が米軍キャンプ・シュワブの「K9護岸」近くで別の台船に石材を移し替える作業が確認された。


海上保安官たちに拘束される市民(中央)=22日、名護市辺野古沿岸

 移し替えられた台船は午前11時半、「K9護岸」へ接岸した。本部港から「K9護岸」への搬入は21日から連日続いている。


「K9護岸」に接岸した台船からショベルカーで砕石を運び出す作業が行われた=22日、名護市辺野古沿岸

 海上ではカヌー13隻と船から市民が建設工事に抗議した。海上保安庁がカヌーで抗議する市民を一時拘束した。市民たちは海上保安官に対し「非暴力の精神で言葉の暴力もしないように抗議している。お互い感情的にならずに冷静に対応していこう」と訴えた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス