辺野古漁港で行われてきた抗議の座り込みが開始日から5000日となったとして、市民団体「ヘリ基地反対協議会」が開いた抗議集会=26日午後、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設で、辺野古海岸テント村での2004年4月19日の座り込み開始から、26日でちょうど5千日になった。ヘリ基地反対協議会などは米軍キャンプ・シュワブのゲート前で節目の抗議集会を開いた。約500人(主催者発表)の参加者は「私たちの戦いが間違っていなかったから5千日も続いた。これからもあきらめず団結して戦っていこう」と、新基地反対の声を上げた。

 集会は、座り込み5千日と、1997年12月21日の名護市の住民投票から20年に合わせて行われた。

 集会ではヘリ基地反対協の安次富浩共同代表や、沖縄平和運動センターの山城博治議長、衆参国会議員らがあいさつ。稲嶺進名護市長も駆け付け「状況は20年前と比べ悪化している。今が正念場だ」と訴えた。

 集会では「新基地計画を白紙撤回させ、平和で自然豊かな沖縄の未来を私たちの手でつくっていこう」などと宣言したアピール文を採択した。

 岡山市から家族で訪れた会社員の鬼頭亜由美さん(34)は「ここまでしても基地建設が止まっていない厳しさを感じた」と話していた。

 この日は午前と午後の計2回、砕石やコンクリートのくい、鉄筋・鉄骨などを積んだ工事車両計176台がシュワブ内に入った。

 また、機動隊員らがゲート前に座り込んだ市民らを強制的に排除した。