スポーツ

JOCハンド、沖縄県選抜女子が決勝進出 05年以来の優勝目指す

沖縄選抜-大阪選抜 前半、3点目のシュートを決め相手を突き放す沖縄選抜の金城菜々子=26日、浦添市民体育館(新里圭蔵撮影)

 第26回JOCジュニアオリンピックカップハンドボール大会は26日、沖縄県の浦添市民体育館で決勝トーナメントを行い、女子の沖縄県選抜が準決勝で大阪府選抜を17―13で破り、決勝に進出した。決勝は27日、午前9時半から同体育館で行われ、大分県選抜と戦う。

 女子の県選抜は2000年と05年以来、3度目の優勝を目指す。

 男子は沖縄県勢2チームが決勝トーナメントに進んだが、準々決勝で県選抜は埼玉県選抜に18―24で敗北。浦添市選抜も茨城県選抜に18―21で惜しくも敗れ、4強入りを逃した。