政治

石垣市長選 現職・新人の3氏届け出 陸自配備、経済振興争点

石垣市長選の告示後、第一声を上げる届け出順に(右から)宮良操氏、中山義隆氏、砂川利勝氏=4日、沖縄県石垣市内

 【石垣】任期満了に伴う沖縄県の石垣市長選が4日告示され、届け出順に新人で前市議の宮良操氏(61)=社民、共産、社大、自由、民進推薦、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新推薦、新人で前県議の砂川利勝氏(54)の3人が立候補を届け出た。保守分裂の三つどもえで選挙戦が争われる。陸上自衛隊配備計画への対応や経済振興策、子育て・教育環境整備などが争点となる。11日に投開票される。

 3氏は4日朝、選挙事務所で出発・出陣式を開き、勝利に向けて気勢を上げた。

 宮良氏は「今の市政は、市民ではなく国に向いている。市民が決める市政に戻したい。地方自治の原点に戻したい。みんながこの島の主役になるような島づくりをしよう」と訴えた。 

 中山氏は「この8年間を終わらせるわけにはいかない。島を伸ばすためにあと4年、もう1期力を貸してほしい。素晴らしい日本一幸せあふれる石垣市をつくっていこう」と訴えた。

 砂川氏は「対話でつくる島づくり。このことがこれまでの市政で欠けていた。私はしっかりと市民と対話し、石垣市の発展、未来に向けて発進していきたい」と訴えた。

 市議会補欠選挙(欠員2)も4日告示され、市長選立候補者をそれぞれ支援・支持する3人が立候補を届け出た。市の選挙人名簿登録者数は3日現在、3万8699人(男性1万9267人、女性1万9432人)。