政治

中山氏が3選、石垣市長選 陸自配備加速へ

石垣市長選で3選を果たし、支援者と万歳する中山義隆氏(左から3人目)=午後9時すぎ、沖縄県石垣市真栄里の選挙事務所

 【石垣】任期満了に伴う石垣市長選が11日投開票され、現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新推薦=が1万3822票を獲得し、いずれも新人で前市議の宮良操氏(61)=社民、共産、社大、自由、民進推薦=と前県議の砂川利勝氏(54)を破り、3選を果たした。2期8年の実績や国政とのパイプを生かした経済振興の訴えが評価された。陸上自衛隊配備は、計画に理解を示す中山氏の当選で加速化が予想される。

 投票率は73・55%で、2014年の前回市長選の75・19%を1・64ポイント下回った。

 当選した中山氏は「国際観光都市という確固たる地をつくり、それに伴い安定した雇用が生み出せる石垣市をつくっていきたい」と抱負を述べた。

 市長選では陸自配備計画への対応を最大の争点に、経済振興策や子育て支援策などが問われた。中山氏は石垣島の国際観光地化や子どもから高齢者まで暮らしやすい社会づくりなどに取り組むとして、市政継続を訴えてきた。

 防衛省が市平得大俣で進める陸自配備について中山氏は、予定地周辺住民と話し合いをした上で受け入れの「最終判断」をするとして賛否を明確にせずに選挙戦に臨んだが、「国防・安全保障は国の専権事項」などとしており、実質的に容認する。一方で計画に反対する市民も多く、その声に中山氏がどう対応するかに焦点が当たる。

 市の当日有権者数は3万8640人(男性1万9233人、女性1万9407人)。投票総数は2万8421。有効投票数は2万8220。無効票は201。

 ■中山 義隆氏(なかやま・よしたか) 1967年6月生まれ。市登野城出身。近畿大卒。八重山青年会議所理事長や市議などを経て、2010年から現職。