スポーツ

3,4月の月間MVPに多和田、山川 県出身選手が活躍 プロ野球パ・リーグ

3、4月の月間最優秀選手(MVP)に選ばれた沖縄県出身で西武の多和田真三郎投手(左)と山川穂高内野手

 セ、パ両リーグは9日、3、4月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、パから西武で沖縄県出身の多和田真三郎投手(25)=中部商高|富士大出=と山川穂高内野手(26)=中部商高―富士大=の2人が選ばれた。

 セは阪神のランディ・メッセンジャー投手(36)、巨人の坂本勇人内野手(29)が選出された。

 山川は昨年8月と9、10月に続き3度目の選出となった。

 多和田は5試合で5勝を挙げて3年目での初受賞となった。山川はチームの全試合に4番で出場し、打率3割3分7厘で、ともにリーグトップの本塁打、打点をマークした。【琉球新報電子版】