社会

「戦争につながる基地はいらない」 シュワブゲート前で抗議

重機が立ち並ぶK4護岸建設現場=15日午前10時ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らは15日も米軍キャンプ・シュワブ前で抗議を続けた。

 同基地沿岸のK4護岸建設現場では15日午前、護岸北端部と南端部の少なくとも2カ所で、砕石の投入作業が確認された。基地建設に反対する市民らはカヌー13隻を出して抗議の声を上げた。 

 15日午後2時までに、車両218台分の資材搬入があった。市民ら約30人が「戦争につながる基地はいらない」などと、資材搬入を続ける車両の運転手らに抗議した。【琉球新報電子版】