社会

抗議市民を拘束 辺野古新基地建設

砕石が投下される新基地建設の工事現場=17日、名護市辺野古

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設が進む名護市辺野古沿岸では17日、K4護岸の埋め立て工事が進められた。砕石や被覆ブロックを海上に投下する様子が確認された。
 
 建設工事に反対する市民らは抗議船2隻とカヌー10隻に乗り、抗議活動を行った。
 
 市民らはオイルフェンスを乗り越えたため、何度か海上保安庁に拘束されたが、抗議を続けた。【琉球新報電子版】