くらし

最大瞬間風速 北大東で28メートル 台風5号、被害確認なし

 大型の台風5号は10日、大東島地方を暴風域に巻き込みながら北上した。南北大東島は10日午前9時すぎから午後3時ごろまで暴風域に入った。北大東島では10日午前9時8分に最大瞬間風速28・3メートル、南大東島では10日午前8時16分に最大瞬間風速25・9メートルを記録。南大東村や北大東村によると、台風による被害は10日午後6時現在、確認されていない。

 台風5号は10日午後9時現在、南大東島の北東約370キロにあり、1時間に約45キロの速さで北東へ進んでいる。中心気圧975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速30メートル。今後、北東へ進み、沖縄地方から遠ざかる見込み。

 大東島地方は10日午前4時16分に暴風警報が発令され、午後4時26分に解除された。沖縄本島地方は10日午前6時すぎに風速15メートル以上の強風域に入り、午前9時ごろに強風域を抜けた。

 11日未明に予想される波の高さは大東島地方5メートル、沖縄本島地方3メートル。波はうねりを伴っており、気象台が注意喚起している。10日午後10時までの24時間雨量は北大東島34ミリ、南大東島33・5ミリを記録した。