社会

F15墜落事故に抗議決議 北谷町議会、全会一致 外来機飛来、旧海軍駐機場使用も

F15墜落事故に対する抗議決議を全会一致で可決する北谷町議会=21日、同町議会

 【北谷】北谷町議会(田場健儀議長)は21日、米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機の墜落事故に対する抗議決議と意見書を全会一致で可決した。

 同型機と全ての米軍用機の飛行訓練の中止や原因究明を求めた。同議会は、同基地への外来機飛来や旧海軍駐機場使用、米軍人による道路交通法違反の事件・事故に対する抗議決議と意見書も全会一致で可決した。

 墜落事故に対する抗議決議と意見書では、住宅地上空での全米軍用機の飛行訓練の禁止、再発防止と解決策を日米両政府が早期公表すること、日米地位協定の改定も求めた。

 その他の抗議決議と意見書では、外来機の訓練中止、旧海軍駐機場の撤去、米軍人・軍属の綱紀粛正の徹底などを求めた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス