スポーツ

高良、又吉が優勝 全日本ダブルミニトランポリン 高良は世界大会代表内定

ダブルミニトランポリンの13―14歳の部で優勝した高良心菜(右)と11―12歳の部で優勝した又吉夢奈(提供)

 トランポリンの第5回全日本タンブリング・ダブルミニトランポリン年齢別選手権大会が7、8の両日、静岡産業大学で行われ、ダブルミニトランポリンの13―14歳の部の高良心菜(ケンケン体操・トランポリンクラブ、あげな中2年)は予選を63・1点で通過し、決勝では60・4点で優勝した。11―12歳の部の又吉夢奈(同、田場小6年)は予選を59・3点で1位で通過し、決勝でも59・1点をマークし頂点に立った。

 日本代表派遣標準得点(62・1点)を超えた高良は第26回世界年齢別トランポリン選手権(11月、ロシア)の日本代表に内定した。



関連するニュース