社会

サンゴ特別採捕許可の説明求める 市民が県職員と押し問答

説明を求める市民やマスコミで混乱する県庁=17日午前

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、県庁前で即時撤回を求める座り込みをしている市民ら約20人が17日午前、県が沖縄防衛局にサンゴの特別採捕を許可したことについて説明を求め、県庁6階を訪れた。

 副知事との直接面会を要求し、すぐにはできないとする担当職員と押し問答となっている。「サンゴの移植許可は辺野古新基地を前に進めていることになる」「国の出先機関になったのか」などと激しく県の対応を批判した。 【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス