社会

護岸開口部に汚濁防止膜 辺野古新基地建設

K4護岸の開口部で汚濁防止膜を張る作業員ら=28日午前9時半ごろ、名護市

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設工事で28日、辺野古漁港側のK4護岸の開口部に作業員らが汚濁防止膜を張る様子が確認された。

 開口部は30メートルほどで、今後沖縄防衛局は護岸をつなげる作業に着手するとみられる。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス