社会

K4護岸、開口部に砕石投下 辺野古新基地建設

K4護岸の開口部へ次々に投下される砕石=30日午前、名護市の大浦湾海上

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設工事で30日午前9時半ごろ、沖縄防衛局は辺野古漁港側に位置するK4護岸の開口部へ砕石を投下し、数十メートルの開口部を護岸として接続する作業を開始した。

 ダンプカーで搬入した砕石をクレーン車を使って次々に開口部へ投下し「バラバラ」と大きな音をたてて砕石が海中へと沈んでいった。

 海上では、赤嶺政賢衆院議員や安次富浩ヘリ基地反対協共同代表、具志堅徹元嫌疑らも抗議の声を上げた。赤嶺氏は船上から防衛局の職員らに対し「県の指示や留意事項を守らずに工事を進めていることをこれまで何度も指摘されてきた」として問題点を挙げ、工事を中止すべきだと訴えた。

 一方、米軍キャンプ・シュワブゲート前では移設に反対する市民らが座り込んで防衛局に抗議する中、資機材の搬入が行われた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス