社会

日本脳炎感染 沖縄県が予防喚起 蚊がウイルス媒介

 沖縄県地域保健課は27日、日本脳炎ウイルスに対する注意喚起を行った。ウイルスを増幅させるブタを検査したところ、注意報発令基準以下だったものの、最近感染したことを示す抗体が検出されたという。県は感染予防などの注意を呼び掛けている。

 日本脳炎は、ウイルスを保有する蚊が人を吸血することで感染する。人から人へ直接感染することはない。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス